1. HOME
  2. ブログ
  3. 他者の受容と自己の受容

他者の受容と自己の受容

『他者の受容と自己の受容』 

今回は女優のタンディ・ニュートンThandie Newton)さんがTEDグローバルで行ったプレゼンを紹介していきます。

 前回書いた『死を通して生を考える』とアプローチの仕方は違いますが、終着地点は一緒に思えたので紹介したいと思います。

 「他者の受容と自己の受容」のTEDの説明Actor Thandie Newton tells the story of finding her “otherness” — first, as a child growing up in two distinct cultures, and then as an actor playing with many different selves. A warm, wise talk, fresh from stage at TEDGlobal 2011.女優のタンディ・ニュートンは、子供のときは、全く異なる2つの文化の中で育ち、のちに役者になってさまざまな役を演じました。この経験から、彼女が自分の中に「他人」を見つけた話をします。2011年のTEDグローバルで行われた、あたたかくて、思慮深いプレゼンです 

 「他者の受容」と書くと、心理学の本みたいですが、プレゼンの内容は、タンディのパーソナルヒストリーです。おしまいのほうで、「世界とつながりましょう」とやや話が大きくなります。タンディはなかなか自分を受け入れられなくて、つらい思いをしてきました。しかし、それまでこだわってきた「自己」を手放すことで、本質的な自分とつながれたし、それが他人を受け入れることになる、と語っています。

 https://www.ted.com/talks/thandie_newton_embracing_otherness_embracing_myself

動画の長さは14分。動画のあとに、要約を書きますが、タンディはとてもすてきな声の持ち主なので、時間があれば、ぜひプレゼンを聞いてください。

 以下要約

●生まれたての赤ちゃんは すべてのものの一部だと信じていて 切り離されておらず、 同一性とも言えるその根本的な感覚は すぐに失われてしまう

他者を受け入れることは、自己を受け入れること。私が、自分を受け入れるまでにいたった話をします。ある時期から自己というコンセプトが生まれるのです。自己とは他人の主観が投影されたものに基づく主観の投影であり、他者に認められるための自己とし、機能していない自己と表現します。

●自身の生い立ちをもとに自己がこわされるときパターンがあることに気づいた

何度も自分の自己が打ちのめされる経験をするうちに、あるパターンがあることに気づきました。外の影響を受け、こわされても、必ずまた新しい自己が生まれました。それはいつも違う自己でした。そもそも私の自己は生きていたわけでもないのです。私の父はコーンウォール出身の白人で、母はジンバブエ出身の黒人。私達が家族として存在することすら、周囲には受け入れがたいことでした。そして、茶色い肌の赤ちゃんが生まれました。5歳のとき自分が周囲から浮いていることに気づきました。修道女が運営する白人ばかりのカソリックの学校に通っていました。私は黒人で、神様を信じていませんでした。私は異質な存在だったのです。私の自己は、周囲とつながろうとしたけれどできませんでした。肌の色も、髪の色も経歴も「正しくない」私は、その社会では、存在しないも同じだったから。私は少女である前に、他者であり、別の人間だったのです。

●演劇とダンスから本来の自己と出会う

演劇とダンスを始めたことで別の世界が広がりました。ダンスをしていると、いつも感じていた「自己である恐怖」は感じませんでした。文字通り、無我夢中になれました。私はダンスがとても得意だったから、感情的な表現をすべてダンスに込めました。ダンスを踊っていると、リアルの世界ではなれない自分になれたのです。16歳になって、映画に出演する機会を得ました。演技をしているときは、とても、心が穏やかでした。私の「壊れていた自己」が「別の自己」につながることができたのです。とても幸せでした。壊れていない自己、ちゃんと機能している自己に出会った初めての体験でした。自分がコントロールして、命を吹き込んだ自己です。ですが、撮影が終わると、もとの自分に戻りました。

●人類学を学んで「人種」という差異の概念は人間が作り出した非論理的な考えだと気づく

演技のキャリアは順調でした。でも、あいかわらず、自己の位置づけで悩んでいたので、大学で人類学を学びました。フィリス・リー教授に、「人種をどう定義しますか?」と聞かれました。私は「肌の色です」と答えました。教授は「つまり、生物学、遺伝的要素?」と続け、私が間違っていると言いました。遺伝的な違いなら、ケニア人の黒人とウガンダ人の黒人の違いのほうが、ケニア人の黒人とノルウエー人の白人の違いより大きいと。なぜなら、すべての人のルーツはアフリカにあるから。アフリカには、遺伝的な多様性が生まれる時間がより多くあった、と先生は言いました。人種は生物学的事実や科学的事実には基づいていないのです。とはいえその一方で、確かに人種はあります。私は自分の自己の定義に自信を失いました。確かなのは、私達のルーツは、16万年前にアフリカに存在した、ミトコンドリア・イヴという女性だということ。人種は、人間が恐怖や無知のせいで作りだした非論理的なコンセプトなのです。とはいえ、これがわかっても私の低いセルフ・エスティームは改善されませんでした。「消えてしまいたい」という欲望は相変わらずとても強かったのです。ケンブリッジ大学の修士号を獲得し、女優としても順調でしたが、私自身は壊れていました。過食症になり、セラピーを受けていました。

●自己がすべてだと信じるのをやめたら世界が変わった

自分の自己が自分のすべてだと思っていたのでうまくいかなかったのです。人は、自分の価値を支持する価値体系や物理的現実を作っています。セルフイメージを高めるための産業は大きな収益をあげています。みんな、「自分の自己は生きている」と思ってしまうのです。しかし、人の自己は、死という現実からのがれるために脳が作った、ある投影にすぎないのです。自己に、究極的につながりを与えるものがあります。それは一体感(oneness)です。私たちの本質です。自己はそれを創りだしたもの、つまり私たち自身とつながらなければ、私たちは、その自己が、真のものであるのか、そもそもそれが何なのか、苦しみながら考えることになります。自己を失うとき、私たちは自分の本質とつながることができます。演技をしたり、ダンスをしているとき、私は自分の本質に立ち戻り、「自己」は宙ぶらりんになります。この時、私はすべてのものとつながります。大地、空気、観客のエネルギーと。私の感覚は研ぎ澄まされます。これは、小さな子供が持つ世界と一体になっている感覚と同じなのです。

●自己は単なる投影だが、ある機能を持っている

自己を尊重しすぎることをやめ、させたいようにさせることにしました。もっと、自分らしく生きるように練習しました。残虐で狂った人たちが、他人の欲をあおって、人の痛みや死を感じることから切り離そうとしています。皆が、自己の中だけで暮らし、それが人生なんだと思うと、人生の質がさがってしまいます。つながりのない状態でいると、地球やほかの命あるものと調和して暮らすことができません。今、この世界にはさまざまな亀裂ができています。大量の油や血の流れこむ亀裂が。私たちは、この地球やほかの生物とどうやって一緒に暮らしていこうか考えあぐねています。ですが、私たちではなく、私たちの狂った自己が一緒に生きようとして、引き裂かれたままなのです。皆、一緒に生きていきましょう。重い自己の下に入り、自分の本質を見つけることができれば、他の生命とつながることができます。何もないことを恐れずに。想像してみてください。必ず訪れる死をたたえ、だからこそ、生きていられる特権に感謝し、次に何がおこるのか、驚きとともに進めば、私たちはどんな存在になれるのか?それは簡単な気づきから始まるのです。

   このプレゼンの英語はそんなに難しくないのですが、英語特有の抽象名詞が多いので、そのあたりがピンと来ないかもしれません。

otherness 他者、他のもの。
他人もそうだし、自分以外の世界にあるすべてのものと考えられます。
私たちは、ほかのものとつながりを持たないとあまり楽しく生きられません。そもそも、他者がいなければ自己もないので、絶対必要な存在です。

self 自己。
自分は誰であるのか、というコンセプトです。実はこれは、単なる他人や社会の考え方の投影であるから、そこまで重要視するべきではない、とタンディは言います。
タンディは、「そうあるべき自己」を持って、まわりとつながろうとしていたから、ずっとうまくいかなかったのです。本当の自分(ハーフである自分)でいようとすると、まわりに受け入れられなかった環境があったので、ずっと苦しんできたのですね。ですが、ダンスをして、無我の境地になれば、自己が邪魔をしないため、本当の自分でいられ、それがとても幸せだったのです。本当の自分自身は自分が考えている「自己」ではなく、ふだんは自己に隠れている、essence 本質 にあるのです。みんな、本当は良心的でやさしく、世界とつながりを持っている存在だと思います。社会的な圧力や、思い込みによって、そうではない人を演じているとしたら、それは自分の本質を生きていることにはなりません。自分の本質を生きていないとき、人は例外なく不幸なのです。

oneness 同一性、一体となること。
自己と自分の本質がつながった状態でもあるし、自分が世界とつながっている状態でもあります。

awareness 気づき
「自己は単なる投影」だとか、「世間は人の欲をあおっているが、これはかえって、人のつながりを阻害している」といったことに気づくことです。
物事を改善するには、まず気づきが必要です。

nothingness 何もないこと、無、無意識
自己のことなどごちゃごちゃ考えず、素の自分でいること、とも考えられるし、死でもあるし、「よけいなものを持っていない自分」とも考えられます。

関連記事

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829