1. HOME
  2. ブログ
  3. 2019.1.14 平成31年己亥歳御修法

2019.1.14 平成31年己亥歳御修法

平成31年1月7日から14日まで京都東寺にて己亥歳御修法が厳修されました。


御七日御修法は国家の安泰や世界平和を祈願する真言宗最高の大法です弘法大師の進言により、中国・唐の高僧が皇帝の為に始めたのにならって承和元年(834)に宮中真言院で営まれたのが始まりです。翌年には弘法大師自ら大阿(導師)となって奉修されました。それ以降諸般の事情により一時中断はありましたが現在まで継承されています。

本年は西院流にて胎蔵界曼荼羅の前で厳修され、真言宗十八本山の御山主猊下をはじめとして各山の高僧方十五名にそれぞれに配役を司どり一日三座七日間に渡り天皇陛下がお召しになられる御衣を加持し、国家の安泰、国民すべての人々が幸せになりますように熱祷仕りました。

関連記事

2024年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930